クリック、応援お願いします(o^^o)↓

サバイバルゲームランキング


どうもーぱすたです!

今回は、昨日丁度話題になっていた、

電子トリガーの危険性

について書いていこうと思います!!

最近、レスポンス重視の銃がブームとなっており、低価格帯でもかなり広まっている電子トリガーですが、実は物理的なトリガーよりも危険性は高いと言えます。

というのも、電子トリガーは仕組みとして半導体(FET)を利用しています。

凄くわかりやすくいうと、
バッテリーを繋げるとスイッチが半分つながった状態
になっています。

つまり、引き金を引かなくても電気が流れているんですね!

これがつまりどういうことかというと、
故障すると引き金を引きっぱなしのフルオートの状態になる

ということです。

おそろしい…

電子トリガーが普及する前は、スイッチの保護として同じくFETを使用することがありましたが、使っている人は暴走することを常に念頭に入れて扱っていることがほとんどでした。
基本的には後付け、しかも自作になるので当たり前といえば当たり前ですが…

しかし、今は手軽に電子トリガー入りの高性能な銃が、低価格で買えてしまいます。

G&G/ARMAMENT/電動ガン/ARP/9/電子トリガー、MOSFET装備/アーマメント/EGC-ARP-9MM-BNB-NCS/AEG/エアガン/エアソフトガン/18才以上用 303

大人気の、ARP9や、最近出たVFCのMP7も電子トリガー採用モデルですね!!

通常の利用方法なら、基本的には問題ないのですが、
例えば、
気温が非常に高い
雨が降っている
ホコリまみれ
などのイレギュラーな状態な時に使用してしまうと、

暴走

してしまうことがあるんですね…

万が一暴走してしまったら…

まずは弾が人に当たらないような措置
マガジンを抜き、銃口を人のいない方向に向け、バッテリーを外します。

この時、タミヤコネクタなどの通常の端子の場合
高確率で焼き付いて外れません!!

わたしも経験上、なんどか基盤を壊していますのでわかります…
IMG_0580
※全部焼けたものです…

焼き付いて離れない場合は、タミヤコネクタならへし折りましょう。わりと簡単に折れます。
※火傷注意

その場に挟みがあれば、片方だけ配線を切りましょう。焦って両方同時に切るとショートしますので要注意です。

どちらにせよ、かなり危険で緊急度の高い処置なので、慌てずにその場にあった対処をするべきだと思います。

一番大事なのは、怪我をさせないことと、しないことです!!

銃はまた買えますが、人の健康はお金では買えませんからね…

まあ、そうなる前に事前に防ぐのが一番なんですけどね…

基本的に暴走した場合は基盤はもちろんのこと、空撃ちによる駆動部のクラッシュ、メカボックスの破損などで、最悪の場合は再起不能になります。

そのためにも、定期的なメンテナンスや、雨の日に無理やり使わないなども必要な措置です。

後、最近多いのが、
無理なカスタムによる内部の破損による暴走です!!

これに関しては元々駆動部が壊れている為暴発の危険性は薄いですが、それでもやはり危険です。

残念ながらショップさんのカスタムでも、無茶なカスタムがチラホラとあるみたいですね…

今一度、自分の愛銃を見直して特性を理解することが大事なんじゃないかな、と思います。


ではでは〜

クリック、応援お願いします(o^^o)↓

サバイバルゲームランキング






スポンサードリンク